本文へジャンプ

トップページ > 表彰論文

表彰論文

表彰論文

論文奨励賞

口腔衛生学会雑誌掲載論文で著者が40歳未満の会員
※規程・様式は会員ページ内にございます。

論文奨励賞 受賞者・論文一覧

年度 受賞者 授賞論文
2016年度 町田 達哉 歯周病メインテナンス期患者に対する血液検査による生活習慣病スクリーニングの検討
2015年度 受賞者なし  
2014年度 土居 貴士 Effect of Chewing Gum Containing Phosphoryl Oligosaccharides of Calcium and Fluoride Extracted from Green Tea on Early Caries Lesions of Occlusal Surface in 1st Permanent Molars of 6~7-year-old Children
2013年度 竹内 倫子 市町村における歯科保健事業と精神および行動の障害に関する医療費との関連
2012年度 Andréia de Toledo Adherence of oral opportunistic bacteria to endotracheal tubes and cuffs
岩﨑 正則 特定健診対象者における歯周疾患スクリーニングテストとメタボリックシンドロームとの関連性
2011年度 柳澤 智仁 Validity of self-reported masticatory function in a Japanese population
2010年度 西山 毅 牛乳より精製されるMicellar Calcium Phosphate-Phosphopeptideのエナメル質再石灰化作用の検討
2009年度 藤山 友紀 Relationship between Tongue Coating and Halitosis in Periodontally Healthy Subjects
大岡 貴史 日常的に行う口腔機能訓練による高齢者の口腔機能向上への効果
2008年度 田村 光平 口腔細菌バイオフィルム初期形成に及ぼす唾液の影響 —フローセルシステムによるin vitro評価―
田治米元信 In vitroにおけるエナメル質の脱灰に及ぼす糖タンパク質およびフッ化物応用の影響
福本恵美子 乳幼児における指しゃぶりの開始と習慣化にかかわる要因
2007年度 三宅 亮 女子中高生における顎機能異常に関連する要因分析―共分散構造分析を用いての検討
鴨田 剛司 Effect of Disaccharide Xylosylfructoside on Sucrose Cariogenicity in an Artificial Mouth System
2006年度 藤好 未陶 歯肉炎予防・改善教育の効果と教育手法および児童の心理学的背景要因との関連性
南郷 里奈 わが国における歯科受診状況および診療内容の推移-1994年以降における診療行為別診療報酬額の分析を中心として-
2005年度 高田 将成 自立生活高齢者と要介護高齢者の口腔微生物叢の比較
晴佐久 悟 職域における口腔健康教育の効果および歯科保健意識と行動変容因子との関連性の検討
2004年度 小倉喜一郎 Analysis of Femoral, Mandibular and Alveolar Bone Dentistry in Zinc-deficient Rats Using Micro Computed Tomography.
高野 尚子 高齢者の根面う蝕の有病状況と歯冠う蝕との関連
森谷 俊樹 岩手県85歳追跡調査より 85歳における口腔内気体のVSCについて-実態と口腔内診査所見との関連-
2003年度 南 健太郎 エナメル質の脱灰・再石灰化に果たす人工プラークの役割に関するin vitro研究
清田 義和 70歳地域在住高齢者の歯の喪失リスク要因に関する研究
2002年度 武藤 隆嗣 糖尿病患者における口腔常在微生物叢に関する研究
有本 隆文 Cloning, Expression, and Characterization of Pyrophosphate-Dependent Phosphofructokinase Gene from Porphyromonas gingivalis
鴨井 初子 ヒト歯肉および歯根膜由来線維芽細胞のカドミウム感受性とカドミウム毒性に対する防御機構について
2001年度 高徳 幸男 乳歯う蝕多発傾向児スクリーニングシステム導入による地域う蝕予防管理プログラムの成果
楠本 雅子 ラットにおけるフッ素とアルミニウムの吸収およびトランスフェリン結合型アルミニウムについて
安細 敏弘 福岡県下80歳者の口腔内状況と運動機能の関連性について

学術賞“LION AWARD”

国際的に優れた研究内容を発表した50歳未満の会員
※規程・応募様式は会員ページ内にございます。

学術賞“LION AWARD” 受賞者・論文一覧

年度 受賞者 授賞論文 出典
2016年度 竹下 徹 Dental plaque development on a hydroxyapatite disk in young adults observed by using a barcoded pyrosequencing approach Scientific Reports, 5: 8136, 2015
2015年度 小島 美樹 Relationship between decayed teeth and metabolic syndrome: data from 4716 middle-aged male Japanese employees Journal of Epidemiology, 25(3): 204-211, 2015
2014年度 村田 貴俊 Differential susceptibility to hydrogen sulfide-induced apoptosis between PHLDA1-overexpressing oral cancer cell lines and oral keratinocytes: Role of PHLDA1 as an apoptosis suppressor Experimental Cell Research 320: 247-257, 2014
2013年度 玉木 直文 Stage of hepatocellular carcinoma is associated with periodontitis Journal of Clinical Periodontology, 38(11): 1015-1020, 2011
長田 恵美 Invasion of human aortic endothelial cells by oral viridans group streptococci and induction of inflammatory cytokine production Molecular Oral Microbiology 26: 78-88, 2011
2012年度 江國 大輔 Lipopolysaccharide-induced epithelial monoamine oxidase mediates alveolar bone loss in a rat chronic wound model American Journal of Pathology. 2009 175(4): 1398-409, 2009
廣冨 敏伸 Tooth-related risk factorsfor periodontal disease in community-dwelling elderly people Journal of Clinical Periodontology, 37: 494-500, 2010
2011年度 友藤 孝明 Effects of vitamin C intake on gingival oxidative stress in rat periodontitis Free Radical Biology & Medicine 46:163-168, 2009
山本 龍生 Validity of a Questionnaire for Periodontitis Screening of Japanese Employees Journal of Occupational Health 51:137-143, 2009
2010年度 秋房 住郎 Regulation of globular adiponectin-induced apoptosis by reactive oxygen/nitrogen species in RAW264 macrophages Free radical biology & medicine 45:1326-1339, 2008
永田 英樹 Identification of the binding domain of Streptococcus oralis glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase for Porphyromonas gingivalis major fimbriae Infection and Immunity 77(11) 5130-5138, 2009
2009年度 粟野 秀慈 Oral health and mortality risk from pneumonia in the elderly Journal of Dental Research 87 (4), 334-339, 2008
石川 昭 Professional oral health care reduces the number of oropharyngeal bacteria Journal of Dental Research 87 (9), 594-598, 2008
2008年度 井手 玲子 Oral symptoms predict mortality :A prospective study in Japan Journal of Dental Research 87 (5), 485-489, 2008
品田佳世子 Hop bract polyphenols reduced three-day dental plaque regrowth Journal of Dental Research 86 (9), 848-851, 2007
2007年度 片岡 宏介 Nasal cholera toxin elicits IL-5 and IL-5 receptor αchain expressing B-1a B cells for innate mucosal IgA antibody responses Journal of Immunology 178:6058-6065, 2007
森田 一三 Relationship between survival rates and numbers of natural teeth in an elderly Japanese population GErodontology 23:214-218, 2006
2006年度 埴岡 隆 Association of Melanin Pigmentation in the Gingiva of Children with Parents Who Smoke Pediatrics, Vol.116 (2), 186-190, 2005
安細 敏弘 Relationship between chewing ability and 4-year mortality in a cohort of 80-year-old Japanese people Oral Diseases:published article online:12-Jul-2006
2005年度 加藤 一夫 A Method for Mapping the Distribution Pattern of Cariogenic Streptococci within Dental Plaque in vivo Caries Research 38(5):448-453,2004
嶋崎 義浩 Relationship between electrocardiographic abnormalities and periodontal disease: the Hisayama study ournal of Periodontology 75: 791-797,2004
2004年度 田中 宗雄 Clinical Assessment of Oral Malodor by the Electronic Nose System Journal of Dental Research 83: 317-321, 2004
山口 登 Tumor Necrosis Factor Alpha Enhances Actinobacillus actinomycetemcomitans Leukotoxin-Induced HL-60 Cell Apoptosis by Stimulating Lymphocyte Function-Associated Antigen 1 Expression Infection and Immunity 72: 269-276,2004
2003年度 於保 孝彦 Functional domain of bovine milk lactoferrin which inhibits the adherence of Streptococcus mutans cells to a salivary film Infection and Immunity Infection and Immunity 70: 5279-5282, 2002
葭原 明弘 Association between Serum Albunmin and Root Caries in Community-dwelling Older Adults Journal of Dental Research 82: 218-222, 2003
2002年度 齋藤 俊行 Relationship between upper body obesity and periodontitis J.Dent.Res 80: 1631-1636, 2001
日野出大輔 Antigenic properties of the GroEL-like protein of Campylobacter rectus Oral Microbiol.Immunol.17: 16-21, 2002
2001年度 斎藤 恵一 Expression of p53 protein and Ki-67 antigen in gingival hyperplasia induced by nifedipine and phenytoin J.Periodontol 70: 581-586, 1999
山下 喜久 Recombination between gtfB and gtfC is required for survival of a dTDP-rhamnose synthesis-deficient mutant of Streptococcus mutans in the presence of sucrose Infection and Immunity 67: 3693-3697, 1999

ページの先頭へ戻る