本文へジャンプ
  1. トップページ
  2. 学術大会

学術大会

第61回近畿東海矯正歯科学会学術大会・総会

クールビズ推奨のご案内
本学会ではクールビズを推奨しておりますので、ノーネクタイ、ノージャケット等の軽装でのご参加を歓迎します。
しかし、冷房下に座っている時間が長いこともありますので、その点には十分にご配慮ください。
会期 2019年7月7日(日)
会場 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38
TEL:052-571-6131
URL:http://www.winc-aichi.jp/
大会長 飯田 資浩

演題募集のご案内

第61回近畿東海矯正歯科学会学術大会では,学術口演,学術展示,一般症例展示,認定医更新用症例報告を募集いたします.多数の演題申込をお待ちしております.

尚、発表内容に倫理的な配慮や個人情報の保護について不十分な点がある場合,産学連携活動により生じる利益相反問題に適切な対処がなされていない場合など,近畿東海矯正歯科学会学術委員会の判断により演題採択をお断りすることがありますので,予めご承知おきください.

また,採択演題の発表にあたっては利益相反(COI)の有無を開示いただきます.後日、開示形式の範例を学会ホームページに掲載いたします.

1. 申込資格

近畿東海矯正歯科学会会員に限ります.

※ただし,研究の根幹にかかわる専門的知識あるいは技術の提供を行った非会員の共同発表者は2名以内に限り認めます.

未入会の方は演題申込に先立って,下記のページから入会手続きをお取りください.

2. 演題申込方法

希望する発表形式の募集要項をお読みの上,下記の演題登録フォームよりお願いいたします.
「希望発表形式」は学術口演,学術展示,一般症例展示,認定医更新用症例報告のいずれかを囲んでください.なお,プログラム編成上,発表形式の変更をお願いすることがありますので,あらかじめご了承ください.

※学術展示に申し込まれる先生は,日本矯正歯科学会認定医委員会からお願いが来ていますので,以下のPDF書類をご確認下さい.

3. 抄録提出方法

以下の抄録作成用の「抄録用紙(Wordファイル)」をダウンロードし,「抄録記載例(PDFファイル)」をご確認のうえ抄録原稿を作成いただき,演題登録時に添付して提出をお願いします.

4. 抄録用紙記入方法

上記の記載例をご参照ください.

  1. 抄録用紙は必ず上記のWordファイルをダウンロードしてご使用ください.
  2. 抄録には目的,方法,結果,結論を具体的にお書き下さい.22字×36行程度,800字以内とします.「結果」「結論」の記載のない原稿は受け付けません.症例報告の場合もこれに準じます.
  3. 和文題,所属,氏名,抄録とも和文タイプ(明朝体)で印字してください.
  4. 「所属」欄には,大学関係者は大学名・学部名・講座(教室)名を,矯正研究会(近畿東海矯正歯科学会登録済み研究会)関係者はその所属の研究会名を,上記のいずれにも属さない場合には,府県名を明記してください.所属等不明な点については(一財)口腔保健協会学会部内 近畿東海矯正歯科学会事務局(TEL 03-3947-8891, FAX 03-3947-8341)までお問い合わせください.
  5. 「氏名」欄には,口演発表では口演者,展示発表では主たる発表者を筆頭に挙げてください.
  6. 筆頭者と所属を異にする発表者にはその所属機関名,氏名の右肩にAsterisk(*印)を付して区別してください.
  7. 近東矯歯誌掲載用として,大会当日にスライド受付または展示受付に演後抄録原稿と,抄録内容を記録した CD-Rメディア1枚(書式は事前抄録に準じ,ファイルの名前は「演題番号 筆頭著者名」にしてください)を提出してください.なお,事前抄録から変更のない場合は演後抄録原稿の提出の必要はございません.
  8. 大会発表時に抄録内容の訂正,変更が生じたときは,前もって,座長ならびに会場受付にご連絡ください.なお,その際には演後抄録として内容を修正した抄録原稿1部(書式は事前抄録に準ずる)をCD-Rと共に提出してください.
5. 演題登録期間

2019年3月5日(火)~4月4日(木)
※抄録の提出締切日も同日となっております.

6. 演題の採否

申込演題の採否および発表形式は学術委員会で決定いたします.

7. 学術口演発表
  • 日時:2019年7月7日(日)9:45~10:45(予定)
  • 場所:ウインクあいち 2階 大ホール
  • 発表時間10分,質疑応答時間2分です.
  • プレゼンテーションには,パーソナルコンピューター1台と液晶プロジェクター1台を用意 いたします.コンピューターのOSはWindows 7以上,プレゼンテーションソフトはMicrosoft PowerPoint 2010です.全角のフォントは,MS(MS P)ゴシックまたは明朝をご使用ください.プレゼンテーションのご作成時には,互換性ならびに環境をよくご確認いただきますようお願いいたします.とくにMacintoshで作成されます場合には,ファイルをPowerPoint形式で保存し,ファイル名に半角で拡張子(.ppt)を忘れずに付与してください.予め,Windows上で動作に支障がないことをご確認いただきますようお願いします.
  • 発表で使用されるプレゼンテーションファイルは,CD-RメディアまたはUSBストレージメディアでご持参いただき,スライド受付で9時から9時30分の間にファイルをご提出ください.
  • 発表の際は,持参していただいたファイルを学会で用意したパーソナルコンピューターへコピーして使用しますが,万一に備え,プレゼンテーションの動作確認を事前に行ったノートパソコンをご持参下さい.なお,液晶プロジェクターへの接続は,一般的なMini D-Sub15pin コネクタ(写真参照)を使用します.必要に応じて変換アダプター等を用意ください.
    D-Sub 15pin コネクタ
  • 発表中にパーソナルコンピューターを操作していただくことはできません.プレゼンテーションにはアニメーションを使用しないでください.
  • スライドプロジェクターは用意いたしません.ご了承ください.
8. 学術展示発表
  • 日時:2019年7月7日(日)9:30~16:30
  • 場所:ウインクあいち 7階 展示場
  • 展示ボード(高さ210cm×幅90cmのパネル),机が必要な場合は事前にご連絡ください.
  • 7日(日)12時45分から13時30分までの時間が討議に当てられます.この時間,発表者は必ず展示番号を書いたプレートを胸に付け,質疑にお答えください.
  • 展示者は7日(日)9時から9時30分までに準備を行ってください.また,16時30分から17時15分までに後片付けを行ってください.
  • 補助的にVTRやパソコンを併用される場合には,あらかじめ大会事務局までご連絡ください.
9. 一般症例展示発表
  • 日時:2019年7月7日(日)9:30~16:30
  • 場所:ウインクあいち 7階 展示場
  • 7日(日)12時45分から13時30分までの時間が討議に当てられます.この時間,発表者は必ず展示番号を書いたプレートを胸に付け,質疑にお答えください.
  • 展示者は7日(日)9時から9時30分までに準備を行ってください.また,16時30分から17時15分までに後片付けを行ってください.
10. 認定医更新用の症例報告および展示
  • 日時:2019年7月7日(日)9:30~16:30
  • 場所:ウインクあいち 7階 展示場
  • 7日(日)11時45分から13時30分までの時間が試問に当てられます.この時間,更新者は必ず試問会場(7階会議室)に集合して審査委員の試問を受けてください.認定医更新用症例報告会場は,審査委員による症例審査のため9時30分から13時45分まで閉鎖します.展示者は7日(日)9時から9時30分までに準備を行ってください.また,展示は試問後の13時45分から16時30分までとなります.16時30分から17時15分までに後片付けを行ってください.

一般症例展示,認定医更新用症例報告に関する規定

一般症例展示
  1. 症例について
    症例の要件:以下の要件を満たす症例で,1人(筆頭者)1症例,共同発表者は筆頭者を含めて4名以内とします.術前・術後(動的処置終了時)・保定開始後1年6か月以上の資料の揃う症例.これ以外に,術中の資料を含んでもかまいません.
  2. 展示資料について
    展示資料はすべて複製したものをお使いください.資料の破損・紛失に関しては学会では責任を負いません.全ての発表,展示につきましては,個人情報の保護にご留意ください.顔面写真には目隠しを行い,患者氏名を表示する場合,(○阪○郎)と表記してください.また,認定医更新用症例報告の場合,本規定ではなく,日本矯正歯科学会認定医委員会の定める規定に従ってください.詳細は日本矯正歯科学会ホームページ内の「認定医更新のための症例報告申請要領」をご確認ください.
A.模型
  • 顎態模型,平行模型,咬合器装着模型のいずれでも可.
  • 模型前面に治療ステージ識別の丸いカラーシールを添付してください.治療段階ごとの色は「認定医の新規申請実施要領」のうち二次症例審査用の資料作成要領に従ってください.
  • 咬合状態がわかりにくい場合は,バイトブロックを添えてください.
B.症例ファイル

各自指定のファイル(コクヨラ-320クリヤーブック表紙ダークグレー)を購入してください.
購入したファイルの中に,下記の資料を(1)-(4)の順番に入れてください.

  1. 表紙
    ファイルの表紙に,症例のタイトル,発表者氏名,所属,該当する症例分類(下記参照)を記載してください.認定医更新用症例報告でない場合,指定する様式はありません.
    症例分類:
    1.上顎前突 2.下顎前突(反対咬合) 3.叢生 4.上下顎前突
    5.開咬 6.口唇裂・口蓋裂 7.外科的矯正治療
    8.その他(埋伏歯の牽引,補綴前矯正,歯周疾患症例の矯正等)
  2. 提出症例記録簿,セファロ分析表
    日本矯正歯科学会のホームページより,「認定医の新規申請実施要領」のうち二次症例審査用の資料作成要領が指定する提出症例記録簿(自己選択症例用)およびセファロ分析表(自己選択症例用)の書式をダウンロードして用いてください.書式は各年度で更新されますが,発表年度もしくはその前年度のどちらかの書式を用いてください.
  3. 顔面写真,口腔内写真,パノラマX線写真,側面頭部X線規格写真とトレース,側面頭部X線規格写真トレースの重ね合わせ
    日本矯正歯科学会のホームページに掲載されている「認定医の新規申請実施要領」のうち二次症例審査用の資料作成要領に沿って準備してください.保定開始後1年6か月以上の資料を含めてください.
  4. その他
    上記以外の経過写真等の資料も全てA4で見ることができるように作成し,必要と思われる場所に挿入して下さい.
    注)当日は,全ての資料が入ったファイルを持参して下さい.

認定医更新用の症例報告をご希望の方へ

認定医更新用の症例報告をご希望の先生は,以下の注意事項を確認の上,提出してください.

認定医更新用提出資料を日本矯正歯科学会ホームページ会員専用ページ内の「認定医更新用の症例報告について」(ID・パスワードが必要) よりダウンロードされてご準備下さい.

  1. 一般症例展示発表は認定医更新のための業績から除外されましたのでご注意ください.
  2. 提示症例は前回更新書類提出期限の2年前より後に動的矯正治療を終了し(ただし1回目更新者の場合は認定医新規書類提出期限より後に動的治療を終了していること),動的治療終了日から保定資料採取日までに保定期間が2年以上経過した資料が整っていること.この場合の動的治療終了日とは,動的治療終了資料採取日としますのでご注意ください(詳細は日矯ホームページ「認定医更新用の症例報告について」をご参照ください).

    動的治療終了日:
    2014年更新者 2012年7月1日以降(2014年取得者は 2014年7月1日以降)
    2015年更新者 2013年7月1日以降(2015年取得者は 2015年7月1日以降)
    2016年更新者 2014年7月1日以降(2016年取得者は 2016年7月1日以降)
    2017年更新者 2015年7月1日以降(2017年取得者は 2017年7月1日以降)
    2018年更新者 2016年7月1日以降

  3. 有効期限切れで資格を失うことのないようご注意ください.

ご不明な点につきましては,
(一財)口腔保健協会内 日本矯正歯科学会事務局にお問い合せください.
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
TEL:03-3947-8891 FAX:03-3947-8341
E-mail:gakkai36@kokuhoken.or.jp

認定医ポイント制度のご案内

日本矯正歯科学会認定医の方は,学会より配布されました会員証(IDカード)を用いて,学会参加登録を致しますので,必ずご持参ください.

近年,認定医ポイント登録後,学会に参加されない方がいらっしゃいます.今後の近畿東海矯正歯科学会の発展のためにも,認定医ポイント登録後も積極的に学術大会への参加をお願い致します.

演題登録フォーム

  • 演題登録後に登録いただきましたメールアドレス(筆頭発表者E-mail)に登録確認メールが届きますのでご確認をお願いします.
  • 登録確認メールが届いていない場合は登録ができていない可能性がございますので下記演題登録窓口までお問い合わせください.
演題登録に関するお問い合わせ先

第61回近畿東海矯正歯科学会学術大会・総会演題登録窓口
(一財)口腔保健協会 コンベンション事業部内
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル402
TEL:03-3947-8761 FAX:03-3947-8873
Mail:ktos61@kokuhoken.jp

  • 学会について
  • 会長挨拶
  • 会則
  • 役員
  • 学術大会
  • 学会誌
  • 入会案内
  • 関連リンク

ページの先頭へ戻る