本文へジャンプ

歯科衛生士・歯科技工士・歯科スタッフ 関連

みるみる身につく歯科衛生士のコミュニケーション力

中村千賀子・吉田直美 著

画像:みるみる身につく歯科衛生士のコミュニケーション力

内容紹介

 2015年4月1日の歯科衛生士法改正に伴い、歯科衛生士が診療室の外で患者さんのケアを行う機会が増加すると言われています。医療現場では単に疾病をみるだけでなく、患者さんの社会的・心理的側面も含む「全人的医療」が一層重要となり、その一端を担う歯科衛生士さんにとっては患者さんとのコミュニケーションがますます重要となっていきます。
 しかし、まだ若く、人生経験が少ない歯科衛生士さんはどうコミュニケーションをとればいいのか、迷うことも少なくないと思います。本書はコミュニケーションの基本を学術的側面から解説するとともに、実際に即したコミュニケーションのノウハウをQ&Aの形で、わかりやすく示しています。
 新人歯科衛生士としてスタートを切る前に、また日々の仕事の中でコミュニケーションについて悩んだときに、ぜひとも本書で勉強され、患者さんとの信頼関係を構築してください。

価格:2,160円(税込)

  • shienで買う

掲載内容

第1章 コミュニケーションを考える

  • 1.人間とコミュニケーション
  • 2.コミュニケーションの働き
  • 3.コミュニケーションの成分
  • 4.互いに理解し合うコミュニケーションとは

第2章 コミュニケーションの悩み Q&A

Ⅰ.臨床に出る前に

  • 1.身だしなみ
  • 2.態度と行動
  • 3.緊張や不安

Ⅱ.外来で

  • 1.アシスタントワーク
  • 2.患者さんを担当
  • 3.待ち時間と処置時間
  • 4.電話応対

Ⅲ.病棟で

  • 1.病棟でのアプローチ
  • 2.周術期の患者さんへのアプローチ
  • 3.緩和ケアの患者さんに対して
  • 4.終末期の患者さんに対して

Ⅳ.在宅・施設で

  • 1.初めて訪問するとき
  • 2.胃瘻の患者さんに対して
  • 3.コミュニケーションが困難な患者さんに対して
  • 4.認知症の患者さんに対して

Ⅴ.スタッフ間のコミュニケーション

  • 1.院長・先輩など目上の方に対して
  • 2.同僚に対して
  • 3.多職種と連携をとる

第3章 プロフェッショナルとしての歯科衛生士 -歯科医療現場でのコミュニケーションのコツ-

  • 1.プロフェッショナルとは
  • 2.クライエントとは
  • 3.プロフェッショナルのコミュニケーション
  • 4.プロフェッショナルは何を話すか、何を聴くか、その態度
  • 5.メディカルインタビュー

詳細情報

ページ数 130ページ
ISBN 978-4-89605-304-3
版型 B5判
初版年月日 2014年8月25日

ページトップヘ戻る