本文へジャンプ

歯科医学 - 臨床

日本老年歯科医学会監修 高齢者歯科診療ガイドブック

日本老年歯科医学会 監修

画像:日本老年歯科医学会監修 高齢者歯科診療ガイドブック

内容紹介

 超高齢社会の高齢者歯科医療とは?
 高齢者歯科患者の状態に見合った歯科診療を実施するための一冊。

 高齢者の口腔内環境は必ずしも良好とは言えず、また心身の変化にも大きな個人差があります。口腔疾患以外にも複数の問題を抱える患者の希望に応えるため、高齢者歯科診療の最前線で活躍されている執筆者が一丸となり、日常診療における示唆を多数記載いたしました。
 歯科医師・衛生士だけでなく、医師・看護師・保健師・言語聴覚士など、増え続ける高齢者歯科診療と向き合う皆様へ、本書が答えのひとつとなり、役立てば幸いです。


価格:4,320円(税込)

  • shienで買う

掲載内容

第Ⅰ章 超高齢社会における歯科診療システム論

   
  • ①歯科診療の現状と将来
  •    
  • ②診療の流れ
  •    
  • ③チームアプローチ・協働
  • 第Ⅱ章 高齢者の特徴

       
  • ①身体的な特徴
  •    
  • ②口腔の老化
  •    
  • ③心理的・精神的な特徴
  • 第Ⅲ章 安全の確保

       
  • ①全身管理
  •    
  • ②問題発生時の対応
  • 第Ⅳ章 高齢者の歯科診療

       
  • ①歯科治療の基本方針
  •    
  • ②口腔外科学からみた特徴とその診療方法
  •    
  • ③オーラルメディシンからみた特徴とその診療方法
  •    
  • ④歯科保存学からみた特徴とその診療方法
  •    
  • ⑤歯科補綴学からみた特徴とその診療方法
  •    
  • ⑥歯科麻酔学からみた特徴とその診療方法
  • 第Ⅴ章 歯科診療の実際

       
  • ①外来における歯科診療─外来通院患者の現状と問題点への対応─
  •    
  • ②医療施設(病院)における歯科診療
  •    
  • ③施設における歯科診療
  •    
  • ④居宅における歯科診療
  • 第Ⅵ章 摂食・嚥下障害

       
  • ①摂食・嚥下障害の基本的知識
  •    
  • ②摂食・嚥下障害に対する歯科的アプローチ
  •    
  • ③食事に対する指導
  • 第Ⅶ章 歯科受診を妨げる要因と対応

       
  • ①歯科受診を妨げる要因
  •    
  • ②移動手段の確保
  •    
  • ③診療室・診療台への移動・移乗の方法
  •    
  • ④車いすの利用可能な診療施設
  • 第Ⅷ章 歯科治療時にみられる問題と対応

       
  • ①1歯残存症例への対応 抜歯か保存か
  •    
  • ②在宅における摂食・嚥下障害患者への対応
  •    
  • ③重度の認知症患者への対応
  •    
  • ④脳血管障害患者への対応
  •    
  • ⑤カンジダ症患者への対応
  •    
  • ⑥口腔乾燥を訴える患者への対応
  •    
  • ⑦痛み・麻痺を訴える患者への対応
  • 詳細情報

    ページ数 240ページ
    ISBN 978-4-89605-263-3
    版型 B5判
    初版年月日 2010年5月25日

    ページトップヘ戻る