本文へジャンプ

歯科衛生士・歯科技工士・歯科スタッフ 関連

歯科衛生士のための口腔ケアと摂食嚥下リハビリテーション 改訂版

植田耕一郎・阪口英夫・糸田昌隆

画像:歯科衛生士のための口腔ケアと摂食嚥下リハビリテーション 改訂版

内容紹介

 歯科ではケアやリハビリテーション領域に対する研究・実践は始まったばかりであり、今後の更なる発展が期待される分野でもあります。これからの歯科衛生士にとって、口腔ケアや摂食嚥下リハビリテーションは必須項目といえるでしょう。
 そのような教育・医療の現場からのニーズに合わせ、前作『解説 口腔ケアと摂食・嚥下リハビリテーション』を改訂、摂食嚥下障害の病態や昨今注目のオーラルフレイルと口腔機能低下症など、すぐに使える実践情報を多数掲載いたしました。現場をしばらく離れ、これから復帰をお考えの方々にも役立つ内容ですので、復職等にもぜひご活用ください。

価格:3,520円(税込)

  • amazon.co.jpで買う
  • shienで買う

掲載内容

第1章 口腔ケアと摂食嚥下リハビリテーションの歯科との関係

第2章 摂食嚥下障害の概要

  1. 摂食嚥下機能とは
  2. 摂食嚥下機能の仕組みと器官

第3章 摂食嚥下障害の病態

  1. 小児・障害児における摂食嚥下障害
  2. 脳卒中患者の摂食嚥下障害
  3. 人生の最終段階にある患者の摂食嚥下障害
  4. オーラルフレイルと口腔機能低下症

第4章 摂食嚥下リハビリテーション

  1. 摂食嚥下障害の評価法
  2. 摂食嚥下障害の治療と訓練
  3. 摂食嚥下障害の栄養法

第5章 口腔ケア「オーラルヘルスケア(OHC:oral health care)」

  1. 口腔ケアの効果と分類
  2. 口腔ケアの方法(専門的口腔ケア)
  3. 口腔ケアの用具
  4. 義歯
  5. 口腔清掃を中心とした口腔ケアを行う際の留意事項

第6章 歯科衛生士のための基礎知識

  1. 各種医療職による協働アプローチ
  2. 歯科衛生士における知識と技術

詳細情報

ページ数 246ページ
ISBN 978-4-89605-356-2
版型 B5判
初版年月日 2019年3月31日

ページトップヘ戻る