本文へジャンプ

歯科統計資料、実態調査

歯科保健関係統計資料 2018年版 口腔保健・歯科医療の統計

東京歯科大学社会歯科学講座 監修

画像:歯科保健関係統計資料 2018年版 口腔保健・歯科医療の統計

内容紹介

 平均余命が男女とも80歳を超え、平均寿命≒健康寿命とするために疾病予防や健康増進、介護予防といった様々な施策が進められております。歯科疾患と医科疾患の関連性も科学的に明らかとなり、糖尿病や循環器病、がんなどの治療に歯科治療はかかせない存在となってきました。さらに近年では健康な状態と介護状態との中間状態の一つ、いわゆるフレイルやオーラルフレイルが注目を集めており、今後も歯・口腔の健康増進の推進が必要であることは言うまでもありません。
 本書は歯科の現状を知る上で必要な統計調査を幅広く集積、経年的な情報として掲載しております。国民すべてが心豊かに生活できる活力ある社会となるよう、姉妹書『歯科保健指導関係資料2018年版』とあわせてご活用ください。

価格:3,240円(税込)

掲載内容

Ⅰ.口腔保健

  • 第1章 歯科疾患の実態
  • 第2章 歯科保健行動
  • 第3章 う蝕の予防
  • 第4章 母子歯科保健
  • 第5章 学校歯科保健
  • 第6章 成人・老人歯科保健

Ⅱ.地域保健・医療

  • 第1章 保健行政の概要
  • 第2章 人口問題と民族衛生
  • 第3章 栄養

Ⅲ.歯科保健行政

  • 第1章 地域における保健サービス
  • 第2章 医療施設
  • 第3章 医療関係者
  • 第4章 歯科保健事業

Ⅳ.社会保障

  • 第1章 社会保障の現況

Ⅴ.参考資料

  • 1.歯科関係教育機関

詳細情報

ページ数 296ページ
ISBN 978-4-89605-343-2
版型 A4判変型
初版年月日 2018年3月31日

ページトップヘ戻る