本文へジャンプ

歯科統計資料、実態調査

歯科保健関係統計資料 2016年版 -口腔保健・歯科医療の統計-

一般財団法人 口腔保健協会

画像:歯科保健関係統計資料 2016年版 -口腔保健・歯科医療の統計-

内容紹介

 平成23年歯科疾患実態調査や乳幼児歯科健康審査の結果などから、8020達成者増加、う歯保有者の減少など、わが国の歯科保健の状況は改善傾向にあることが伺えます。
 また、歯科口腔保健の推進に関する法律においては、乳幼児期から高齢期までのそれぞれの時期に、口腔機能の状態と歯科疾患の特性に応じた歯科口腔保健を推進することが必要とされております。
 本書は歯科保健の状況を知る上で必要と思われる統計数値を幅広く掲載しています。歯科保健の充実強化に、ぜひ本書と姉妹編『歯科保健指導関係資料 2016年版』をご活用ください。

詳細目次

正誤表

価格:3,240円(税込)

  • shienで買う

掲載内容

Ⅰ 口腔保健

  • 第1章 歯科疾患の実態
  • 第2章 歯科保健行動
  • 第3章 う蝕の予防
  • 第4章 母子歯科保健
  • 第5章 学校歯科保健
  • 第6章 成人・老人歯科保健

Ⅱ 地域保健・医療

  • 第1章 保健行政の概要
  • 第2章 人口問題と民族衛生
  • 第3章 栄養

Ⅲ 歯科保健行政

  • 第1章 地域における保健サービス
  • 第2章 医療施設
  • 第3章 医療関係者
  • 第4章 歯科保健事業

Ⅳ 社会保障

  • 第1章 社会保障の現況

Ⅴ 参考資料

  • 1.歯科関係教育機関
  • 2.歯科関係団体

詳細情報

ページ数 286ページ
ISBN 978-4-89605-318-0
版型 A4判変型
初版年月日 2016年3月31日

ページトップヘ戻る