本文へジャンプ

歯科医学 - 基礎

フッ化物応用の科学

一般社団法人日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会/編

画像:フッ化物応用の科学

内容紹介

 歯科医学の中でも長い疫学研究の歴史を有し、また現在までに多くの臨床応用による予防効果をあげているものが【フッ化物によるう蝕予防】である。
 本書では同学会編集の前書、『フッ化物応用ガイドブック』と『フッ化物応用と健康』をまとめあげ、フッ化物応用に関する情報を統合。新たな知見を加え第Ⅰ編から巻末のQ&A・資料まで、フッ化物の基礎から応用と普及状況、さらに将来像をわかりやすく解説した。
 医療・保健に関わる皆様に本書をお読みいただき、フッ化物の有用性についてご考察いただければ幸いです。

価格:3672円(税込)

  • amazon.co.jpで買う
  • shienで買う

掲載内容

第Ⅰ編 フッ化物の基礎知識

  1. フッ化物応用の現状と将来
  2. フッ化物とは
  3. フッ化物のう蝕予防メカニズム ―全身的応用の局所的効果―
  4. 日本人のフッ化物摂取量と健康
  5. フッ化物の毒性
  6. フッ化物応用の安全性

詳細情報

ページ数 228ページ
ISBN 978-4-89605-267-1
版型 B5判2色刷り
初版年月日 2010年9月29日

ページトップヘ戻る