本文へジャンプ

出題基準、辞典、用語集

平成30年版 歯科医師国家試験出題基準

一般財団法人 口腔保健協会

画像:平成30年版 歯科医師国家試験出題基準

内容紹介

 今回の出題基準は第111回歯科医師国家試験(平成30年)からの採用となります。
 歯科医師として備えるべき、また国家試験で問われるすべての歯科医学的知識・技能を『必修の基本的事項』『歯科医学総論』『歯科医学各論』の三本柱で皆様にご提示しております。なお、今回の改訂では特に『歯科医学総論』と『歯科医学各論』に大きな修正が加わっております。

価格:2160円(税込)

掲載内容

平成30年版歯科医師国家試験出題基準改定の概要

歯科医師国家試験出題基準改定部会委員名簿

歯科医師国家試験出題基準の利用法

ブループリント(歯科医師国家試験設計表)

主な検査項目の表記

必修の基本的事項

歯科医学総論

  • 総論Ⅰ 保健・医療と健康増進
  • 総論Ⅱ 正常構造と機能、発生、成長、発達、加齢
  • 総論Ⅲ 病因、病態
  • 総論Ⅳ 主要症候
  • 総論Ⅴ 診察
  • 総論Ⅵ 検査
  • 総論Ⅶ 治療
  • 総論Ⅷ 歯科材料と歯科医療機器

歯科医学各論

  • 各論Ⅰ 成長・発育に関連した疾患・病態
  • 各論Ⅱ 歯・歯髄・歯周組織の疾患
  • 各論Ⅲ 顎・口腔領域の疾患
  • 各論Ⅳ 歯質・歯・顎顔面欠損と機能障害
  • 各論Ⅵ 高齢者等に関連した疾患・病態・予防ならびに歯科診療

詳細情報

ページ数 112ページ
ISBN 978-4-89605-337-1
版型 A4判
初版年月日 2017年8月4日

ページトップヘ戻る