本文へジャンプ

翻訳本

フロリデーション・ファクツ2005 -正しい科学に基づく水道水フッ化物濃度調整ー

NPO法人 日本むし歯予防フッ素推進会議 編

画像:フロリデーション・ファクツ2005 -正しい科学に基づく水道水フッ化物濃度調整ー

内容紹介

 『FLUORIDATION FACTS』とは米国歯科医師会(ADA)が1956年より発行してきた書籍で、定期的に改版されフロリデーションに関する質問に答えてきました。今回翻訳いたしました2005年版はフロリデーションを実施してから60周年にあたる記念誌になっています。
 その内容は水道水フロリデーションに関わるQ&Aの形をとる総計58の質問項目からなり、「恩恵」「安全性」「フロリデーションの実践」「公共政策」「費用対効果」に分類されています。また、巻末には米国の5大保健機関による水道水フロリデーションに対する支持声明としての見解が示されています。
 お読みいただければ、フロリデーションが最も価値ある公衆衛生手段であることが確認できると思います。地域でのフッ化物応用によるむし歯予防や歯科保健活動を進める際の指針・資料としてお役立て下さい。

価格:1296円(税込)

  • amazon.co.jpで買う
  • shienで買う

掲載内容

恩恵

安全性

フロリデーションの実践

公共政策

費用対効果

詳細情報

ページ数 98ページ
ISBN 4-89605-215-3
版型 A4判
初版年月日 2006年3月3日

ページトップヘ戻る