本文へジャンプ

出題基準、辞典、用語集

平成23年版 歯科衛生士国家試験出題基準

財団法人 歯科医療研修振興財団 編

画像:平成23年版 歯科衛生士国家試験出題基準

内容紹介

 平成22年4月より、すべての学校養成所の修業年限が3年以上に改正され、3年制教育がスタートしました。本出題基準は歯科衛生士試験委員が試験問題を作成するにあたり、準拠とする出題の基準として、その範囲を科目・項目別(大項目および小項目)に分類したものです。
 平成24年3月に実施される第21回歯科衛生士国家試験からは、本基準に基づく試験が実施されます。歯科衛生士に必要とされる知識範囲の確認のため、ぜひ本書をご利用ください。

正誤表

価格:1296円(税込)

  • amazon.co.jpで買う
  • shienで買う

掲載内容

歯科衛生士国家試験出題基準について

出題基準使用上の注意事項

歯科衛生士試験企画評価委員会報告書

   

  • 一 人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能

  •    
  • 二 歯・口腔の構造と機能

  •    
  • 三 疾病の成り立ち及び回復過程の促進

  •    
  • 四 歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み

  •    
  • 五 歯科衛生士概論

  •    
  • 六 臨床歯科医学

  •    
  • 七 歯科予防処置論

  •    
  • 八 歯科保健指導論

  •    
  • 九 歯科診療補助論

  • 詳細情報

    ページ数 112ページ
    ISBN 978-4-89605-274-9
    版型 A4判
    初版年月日 2011年3月31日

    ページトップヘ戻る