指導医・認定医研修機関制度

  1. ホーム
  2. 認定制度関連
  3. 指導医・認定医研修機関制度

申請書類・申請の手引きは会員専用ページ内にございます。

※ユーザー名・パスワードが必要です

指導医・認定医研修機関制度について

平成16年度から日本口腔衛生学会指導医制度が開始されました。この制度は、学会の認定医指導育成指針のもとに、認定医ならびに認定医志望者の指導・育成を行うことにより認定医の資質の向上を目指すものです。指導医は認定医でもあり、自らも予防歯科および地域歯科保健活動の活性化に努め、指導者的役割を果たすことによって、国民の健康と福祉の増進に寄与しなければなりません。

指導医になるには、学会の認定医が学会の指導医制度規則・施行細則にもとづく資格審査と試験審査に合格することが条件になります。認定の期間は5年間であり、その間に一定基準以上の臨床または保健活動経験、認定医研修会の受講、学会総会への参加、学会雑誌への論文の発表、学会発表を行うとともに、認定医として必要な単位を取得することが必要です。指導医と認定医に必要な単位を取得すれば、認定期間がさらに5年間更新されます。

また、指導医の常在する機関のうち、認定医の指導・育成を行うのに相応しい設備やスタッフを備えた機関には、認定医(予防歯科または地域歯科保健)研修機関として登録していただいています。認定医ならびに認定医志望者は、最寄りの研修機関での指導・研修を受けなければなりません。

このたび、上記の制度を効率的に運用するために、指導医と認定医研修機関の名簿をホームページに公開することになりました。認定医ならびに認定医志望者はもとより、各地域での研修会講師ならびに委員の委嘱や予防歯科関連の各種相談事に対応していただけるかどうかもわかります。ご要望のある関係機関および住民の方々は、申し入れ者としての氏名、住所、電話番号、依頼・相談の趣旨、特に希望する指導医などを明記の上、学会事務局へFAXまたは郵送していただきますと、対応できますので是非ご利用ください。希望する指導医がいない場合は適切な指導医をご紹介します。また、認定医ならびに認定医志望者が認定医研修機関での指導・研修を受ける際にも、希望する研修機関がなければ、学会事務局にその旨をお知らせいただければ適切な機関をご紹介します。

規則