一般社団法人 日本障害者歯科学会

  • 一般の方へ。ここは一般の方向けのコンテンツへアクセスするためのナビゲーションです。
障害者歯科とは
認定医のいる施設
全国口腔保健センター診療所一覧
一般かた向けのナビゲーションはここまでです。これより先は学会の方や専門の方向のサービスとなります。
  • 会員専用ページ。ここから先のナビゲーションは、学会の会員、専門医を対象としたサービスとなっております。
  • 入会のご案内
  • 地域関連団体
学会からのお知らせ
  • 事務局連絡先
  • 関連リンク
  • サイトマップ
HOME > お知らせ

お知らせ

日本障害者歯科学会プロフィラックス賞 第12回授賞報告および第13回募集について

一般社団法人日本障害者歯科学会
理事長 弘中 祥司
学術大会プログラム委員会委員長 玄 景華

 2018年(平成30年),東京にて開催された第35回日本障害者歯科学会学術大会の発表演題より,応募のありました34演題より第12回日本障害者歯科学会プロフィラックス賞が選考されました.

 2018年11月18日開催の表彰式にて,本表彰のスポンサーであるタカラベルモント株式会社デンタル事業部営業推進室室長 戸井田義弥様にご臨席をいただき,受賞者には表彰状と副賞が授与されました.

演 題 名:長期間歯科が介入できず歯周病が進行したDown症患者に対する12年間の歯周病管理
(演題番号P-180)
筆頭発表者:小暮弘子(東京都立心身障害者口腔保健センター)

 また,第13回日本障害者歯科学会プロフィラックス賞の実施要領をお知らせします.
 第36回一般社団法人日本障害者歯科学会学術大会に演題を発表する該当の方は,奮ってご応募ください.

<第13回プロフィラックス賞実施要領>
対象:以下の条件を満たす方
1.第36回一般社団法人日本障害者歯科学会学術大会において臨床経験に基づいた発表*をされる筆頭発表者のコ・デンタルスタッフ(歯科衛生士など)
*臨床経験に基づいた発表とは,口腔衛生指導,行動調整,診療または診療介助で用いる器材の使用経験および症例報告のように具体的に患者に向き合った内容の発表を指し,実態調査,教育,診療に直接関係のない器材の使用経験,基礎的研究等は除く.
2.一般社団法人日本障害者歯科学会会員(一般社団法人日本障害者歯科学会会員でなければ当該学術大会においては発表できません)
3.第36回一般社団法人日本障害者歯科学会学術大会表彰式に筆頭発表者あるいはその代理(共同発表者に限る)が出席できる方

応募期間:第36回学術大会演題受付締切まで(2019年3月26日(火)~6月18日(火)まで)

応募方法:演題の申込時,オンライン登録画面にてプロフィラックス賞への応募希望の有無を選択してください.

審査方法:理事長委嘱の本賞選考委員会にて発表内容の1.新規性・独創性,2.科学性・論理性,3.表現(分かりやすさ),4.会員への貢献度・有用性,を基準に受賞者を選出します.

発表方法:第36回一般社団法人日本障害者歯科学会学術大会表彰式において発表・表彰いたします.本賞選考委員会委員名は授賞者発表後に公表いたします.

 なお,本賞はタカラベルモント株式会社のスポンサーシップにより賞状,副賞をご用意いただきます.受賞者はその氏名,所属,写真等をタカラベルモント株式会社の広報に利用させていただくことがございます.

お問い合わせ先:一般社団法人日本障害者歯科学会
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル4階 (一財)口腔保健協会内
TEL:03-3947-8891 FAX:03-3947-8341