一般社団法人 日本障害者歯科学会。一般社団法人日本障害者歯科学会のホームページです。このページは一般社団法人日本障害歯科学会から会員への情報サービス、および歯科医療関係者に対し障害者歯科臨床・歯科医学等の情報の公開を目指しています。また、障害がある方々への歯科医療に関する情報発信などを目的にしたサイトです。

ここより一般の方向けのコンテンツへアクセスするためのナビゲーションです。
障害者歯科とは
認定医のいる施設
口腔保健(歯科)センター
一般かた向けのナビゲーションはここまでです。これより先は学会の方や専門の方向のサービスとなります。
  • 会員専用ページ
  • 入会のご案内
  • 地域関連団体
学会からのお知らせ
  • 事務局連絡先
  • 関連リンク
  • サイトマップ
HOME一般の方へ > 障害者歯科とは

障害者歯科とは。これより先、本ページの内容となります。

どのような人たちを診るのですか?

近所の歯科医院では、なんらかの理由で、上手に安全に診療を受けられない人たちが対象です。

待合室や診療室で騒いだり暴れてしまって迷惑をかけるので、
近所の歯医者さんには行きづらい。
知的な遅れや自閉症などのために、歯の痛みを訴えられない人、
治療の必要性が理解できずに、上手に協力的に受診できない人
身体の不自由や緊張から、治療を受ける姿勢が困難な人。
てんかんや高血圧症や糖尿病など他の病気や、内服しているお薬の
ため、安全に受診できない人。
ムセや口に治療器具などが入ると嘔吐(吐きそうになったり)して
しまったり、歯科診療に極度の恐怖感をいだき、受診できない人。
ご自身での歯みがきやお口の中を清潔に保つことが困難な人
安全に、食べ物を口から食べる、飲み込むことが困難な人。

どのような配慮をしてくれるのですか?

患者さん、それぞれの障害を理解し、保護者や介護者の方たちと
十分な相互理解のもとに診療を行います。
知的な遅れのある人には、診療室、スタッフ、器具や治療に慣れて
もらいながら治療をすすめます。
治療の順番を伝える絵カードや視覚支援カードなどを
利用することもあります。
治療中の姿勢を保つためにクッションなどを利用したり、
安全のために、身体が不意に動き出さないようなコントロールを
行ったりします。
点滴注射と安定剤などを利用して、ウトウトしたリラックスした
状態で治療を行います。
全身麻酔を利用し、痛みを感じずに、集中的に治療を行います。
歯みがきの順番カードを利用しての歯みがき指導や、ご自身で
はみがききれない部分のクリーニング、口腔のケアを行います。
食事の時の姿勢や食べ方、食べ物や飲み物の形態についての指導や
助言を行います。