一般社団法人 日本障害者歯科学会

HOME認定制度 > 専門医制度

認定制度

一般社団法人日本障害者歯科学会 専門医制度

各種ダウンロード

◆2020年度第2回専門医・専門医指導医の申請受付について

一般社団法人日本障害者歯科学会
理事長 弘中 祥司
専門医委員会委員長 小笠原 正

2020年度専門医および専門医指導医申請を下記の要領で受け付けます.詳細につきましては本ページ最上部に掲載の本制度規則・細則をご参照ください.なお,今回の専門医新規申請の受付は,下記の方々が申請対象となりますのでご留意ください.

  • 認定医資格を2回以上更新された方(専門医研修施設での研修が修了しているとみなします)
  • 認定医資格1回更新後5年目で,専門医研修施設で6ヶ月間の研修を受けた専攻医の方
専門医・専門医指導医申請受付期間 2020年8月1日(土)~10月10日(土)当日消印有効
試験日 2020年11月予定
Ⅰ. 専門医

1.専門医申請資格の要件(専門医制度施行細則第6,7条参照)

下記(1)~(5)の要件を満たし,書類選考に合格した者に試験を実施します(試験の詳細は後日通知).
(1)申請時に5年以上本学会会員として継続していること.
(2)学会認定医を取得し,継続して障害者歯科の診療に就いていること.
(3)所定の研修施設において通算5年以上の研修プログラムを修了していること.あるいは認定医の更新を2回以上行っていること.
(4)現在の障害者歯科診療の機会が日常的であり,1ヶ月に概ね20症例の障害者の歯科治療を継続して実施していること.
(5)一般社団法人日本障害者歯科学会雑誌または関連学会の雑誌等に障害者歯科に関連する原著論文あるいはその他の論文(一般社団法人日本障害者歯科学会雑誌では「臨床報告」,「症例報告」,「臨床統計」,「臨床集計」のいずれか)を2編以上掲載した実績を有すること.
但し,1編は一般社団法人日本障害者歯科学会雑誌の筆頭著者でなければならない.

2.専門医申請書類

本ページ最上部「各種ダウンロード」よりダウンロードしてください。

  1. 専門医申請書(様式専1)
  2. 履歴書(様式専2)
  3. 日本障害者歯科学会認定証(写し)
  4. 専門医研修手帳(認定医1回更新者用:半年間の研修内容の記載が必要)
    ※認定医更新を2回以上行った場合には提出不要
  5. 臨床経験症例一覧(様式専3)
    ※1ヶ月間に担当した障害者への歯科診療(1ヶ月間に20症例,1症例2回まで)の提出が必要です.
  6. 詳細症例の要約5症例(様式専4)
  7. 学会活動および業績一覧(様式専5)
  8. 専門医審査料(10,000円)の払い込みを証明する書類(写し)
Ⅱ. 専門医指導医

1.専門医指導医申請資格の要件(専門医制度施行細則第9,10条参照)

下記(1)~(6)の要件を満たし,書類選考に合格した者に面接試問を実施します(試験の詳細は後日通知).
(1)15年以上の会員歴があること.
(2)15年以上の障害者歯科治療経験があること.
(3)認定医のための指導医として5年以上の経験があること.
(4)認定医指導医として5名以上の認定医を育成した経験を持つこと.
(5)専門医指導医は自らが専門医の資格を持つこと.
(6)学会入会後,一般社団法人日本障害者歯科学会雑誌または関連学会の雑誌等に障害者歯科に関連する原著論文あるいはその他の論文(一般社団法人日本障害者歯科学会雑誌では「臨床報告」,「症例報告」,「臨床統計」,「臨床集計」のいずれか)を3編以上掲載した実績を有すること.
但し,1編は一般社団法人日本障害者歯科学会雑誌の筆頭著者でなければならない.

2.専門医指導医申請書類

本ページ最上部「各種ダウンロード」よりダウンロードしてください。

  1. 専門医指導医申請書(様式専指1)
  2. 履歴書(様式専指2)
  3. 認定医育成実績証明書(様式専指3)
  4. 学会活動および業績一覧(様式専指4)
  5. 日本障害者歯科学会認定医指導医資格証(写し)
  6. 日本障害者歯科学会専門医資格証(写し)
Ⅲ. 2020年度専門医指導医・専門医申請受付期間
2020年8月1日(土)~10月10日(土)(当日消印有効)
Ⅳ. 審査形式

専門医

  1. 書類審査
  2. 筆記試験・面接試問(書類審査を通過した方のみ試験日時を連絡します)

専門医指導医

  1. 書類審査
  2. 面接試問(書類審査を通過した方のみ試験日時を連絡します)
Ⅴ. 試験日
2020年11月(予定)
Ⅵ. 申請料(10,000円)の送金先(専門医指導医審査料は不要です)

1. 郵便局からお振り込みの場合

口座番号 振替口座 00160-8-262906
加入者名 一般社団法人日本障害者歯科学会

※払込用紙はゆうちょ銀行(郵便局)備え付けの用紙をご利用ください.

2. 郵便局以外の金融機関からお振り込みの場合

金融機関 :ゆうちょ銀行
金融機関コード :9900 店番 :019
預金種目 :当座預金
店  名 :〇一九店(ゼロイチキュウ店)
口座番号 :0262906
加入者名 :一般社団法人日本障害者歯科学会
Ⅷ. 書類の提出先

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル 4F(一財)口腔保健協会内
一般社団法人日本障害者歯科学会 専門医委員会

※送付には,書留,レターパック,宅配便等の送達の確認ができる方法をお勧めいたします.

2020年度第1回専門医・専門医指導医申請に対する試験のご案内

一般社団法人日本障害者歯科学会
理事長 弘中 祥司
専門医委員会委員長 小笠原 正

2020年度専門医・専門医指導医申請に伴う試験は下記の要領で実施します.詳細は,専門医・専門医指導医の申請書類を提出し,書類審査を通過した受験者各位に後日ご連絡致します.

1. 試験(試問)日と試験会場
試験日 試験会場 時間
2020年8月30日(日) 東京都内会場(予定) 10:00~16:00
(個別にご連絡いたします)
2. 試験の形式

Ⅰ. 専門医

  1. 筆記試験
    問題は専門医制度規則第13条及び細則第8条に基づき「日本障害者歯科学会専門医研修手帳」で明記されている課題の内容であり,障害者歯科診療を行うにあたり知らなければならない事項についての問題です.設問形式は選択式とします.
  2. 口頭試問
    一般社団法人日本障害者歯科学会の専門医は施行細則第6条5項に記されているように,障害者歯科診療の機会が日常的であり,1ケ月に概ね20例の障害者の歯科治療を継続して実施していることを絶対条件としています.すなわち,障害者に対する一般的な歯科治療が日常的に行われていることが必須です.加えて,それらの幅広い診療経験から得られた専門的な知識と技術,障害者や障害者福祉への理解があることを専門医と位置づけます.専門医試験はこのようなことを試問します.

Ⅱ. 専門医指導医

  1. 口頭試問
    専門医指導医試験の口頭試問は,ご提出いただいた申請書類を基に専門医を育成・指導するために必要かつ十分な経験と知識を確認させていただきます.

2020年度第2回専門医研修施設申請受付のお知らせ

日本障害者歯科学会認定 専門医研修施設
プログラム責任者 各位
新規研修施設の認定を希望する 施設
プログラム責任者 各位

一般社団法人日本障害者歯科学会
理事長 弘中 祥司
専門医委員会委員長 小笠原 正

2020年度第2回専門医研修施設の新規申請を受付いたします。
詳細は下記のとおりですので、専門医制度規則・施行細則および「専門医制度研修施設認定申請の手引き」をご確認の上、2020年7月31日までにご申請ください。

各様式は下記「申請書類」よりダウンロードしてください。

専門医研修プログラム申請書は、研修施設(基幹施設、連携施設)の概要および指導医数や診療実績などの専門研修に求められる教育資源を示すものです。専門医研修プログラムは、障害者歯科専門研修モデルプログラム(本学会ホームページ)の形式にそって専門医研修施設(候補)で実施する独自のプログラムの詳細です。

Ⅰ. 申請に必要な提出書類
  1. 日本障害者歯科学会専門医研修施設認定申請書(様式専施設1)
  2. プログラム統括責任者の経歴及び業績(様式専施設2-1および2-2:2枚)
  3. 施設内容説明書(様式専施設3-1および3-2:2枚)
  4. 障害者歯科学会専門医制度研修カリキュラム(様式専施設4および5)
    (1)年次カリキュラム(様式専施設4:1枚)
    (2)連携施設(様式専施設4:1枚)
    (3)研修項目別研修カリキュラム(様式専施設4:1枚)
    (4)施設における専門医研修プログラム(様式専施設5)
  5. プログラムチェックシート(様式専施設6)
  6. 院内感染マニュアル(CD-Rでの提出)
  7. 医療安全対策マニュアル(CD-Rでの提出)
Ⅱ. 専門研修プログラム申請受付期間
2020年6月1日(月)~7月31日(金)必着
Ⅲ. 提出方法・提出先

認定申請書は紙媒体で郵送をお願いします。他の書類はPDFにしてCD-Rに保存の上、認定申請書に同封して提出して下さい。

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル4F (一財)口腔保健協会内
日本障害者歯科学会専門医委員会 宛

Ⅳ. お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせはメールにてお願いします。

日本障害者歯科学会事務局
E-mailアドレス:jsdh@kokuhoken.or.jp
メール件名:(専門医研修施設申請2020-2について:◯◯歯科センター)

申請書類

申請書類は下記からダウンロードしてください

  1. 日本障害者歯科学会専門医研修施設認定申請書(様式専施設1)(Wordファイル 26KB)
  2. プログラム統括責任者の経歴及び業績(様式専施設2:2枚)(Wordファイル 74KB)
  3. 施設内容説明書(様式専施設3:2枚)(Excelファイル 29KB)
  4. 障害者歯科学会専門医制度研修カリキュラム
  5. プログラムチェックシート(様式専施設6)(Excelファイル 22KB)

以上

◆専門医研修施設の専攻医登録申請について

一般社団法人 日本障害者歯科学会
理事長 弘中 祥司
専門医委員会委員長 小笠原 正

専門医研修・専門医取得を希望される方へ

下記の通り専門医申請に必要な専攻医登録の受付を開始いたします。

*専門医研修施設として承認された施設の専攻医登録のみ可能です。
申請中または申請予定の施設への登録は受け付けておりませんのでご注意ください。

対象:
専門医研修を希望する歯科医師
認定医資格を2回以上更新されている方も含めて専門医の取得を希望される方も登録が必要です。
先日の委員会にて検討した結果、認定医を2回以上更新した者は専攻医登録が不要となりました。

研修期間:専攻医の登録された日が研修開始日となります。

専攻医登録フォーム

専門医申請をお考えの方は上記フォームより登録手続きをお願いいたします。なお、ご入力いただいた情報を専門医委員会にて確認した後に、専攻医としての登録完了となりますのでご留意ください。

専攻医登録の際には専門医研修施設リストに掲載されている施設からお選びください。
専門医研修施設リスト

専門医制度施行細則
第5条 専門医研修を受ける者は、専攻医登録用紙に必要事項を記載して専門医委員会で登録されなければならない。

第6条
(3) 所定の研修施設において通算5年以上の研修プログラムを修了していること(専攻医として臨床研修手帳に研修記録を明記し、臨床研修手帳の提出が必要.)あるいは認定医の更新を2回以上行っていること(臨床研修手帳の提出が不要).認定医の更新を1回行っているものは、別添2に条件を定める。

(別添2)
認定医を1回更新後3年以下のものは、2年間の専門医研修で申請資格を得る.
認定医を1回更新後4年目のものは、1年間の専門医研修で申請資格を得る.
認定医を1回更新後5年目のものは、6ヶ月間の専門医研修で申請資格を得る.
認定医を1回更新したものは、専門医研修を受けたとする研修手帳の提出を専門医申請の際に提出しなければならない.