一般社団法人 日本障害者歯科学会

学術大会
  • 一般の方へ。ここは一般の方向けのコンテンツへアクセスするためのナビゲーションです。
障害者歯科とは
認定医のいる施設
口腔保健(歯科)センター
一般かた向けのナビゲーションはここまでです。これより先は学会の方や専門の方向のサービスとなります。
  • 会員専用ページ。ここから先のナビゲーションは、学会の会員、専門医を対象としたサービスとなっております。
  • 入会のご案内
  • 地域関連団体
学会からのお知らせ
  • 事務局連絡先
  • 関連リンク
  • サイトマップ
HOME > 学術大会

学術大会

最新の大会

一般社団法人日本障害者歯科学会 第36回総会および学術大会のご案内(第2報)

大会長 玄 景華
準備委員長 安田 順一

会員の皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます.会員の皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます.

この度,第36回日本障害者歯科学会総会および学術大会を2019年11月22日(金)~24日(日)の3日間,岐阜市の長良川国際会議場及び岐阜都ホテルにて開催することになりました.東海地区において岐阜市での開催は初めてであり,学術大会を担当させていただきますこと誠に光栄に存じますとともに,このような機会を与えてくださいました会員の皆様には心より感謝申し上げます.私どもも初めてのことであり不慣れな点も多々あるかと思いますが,精一杯準備を進めております.

今回の学術大会のテーマは「「いのち」を育み,支える歯科医療」としました.重心児・者や要介護高齢者が増加するなかで,「いのち」をキーワードに障害者歯科医療の役割と可能性を検討し,積極的に取り組んでいくことが重要だと考えています.ライフステージを見据えた障害児・者への歯科診療,摂食嚥下リハビリテーションや医療的ケア,さらには地域包括ケアシステムや終末期医療などの特別講演やシンポジウムを企画しました.障害者歯科医療に携わるさまざまな専門職が活発に議論できるような大会になりますよう,多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます.

◆大会ホームページ:http://jsdh36.umin.jp/

会期 2019年11月22日(金),23日(土),24日(日)
会場 長良川国際会議場岐阜都ホテル
〒502-0817 岐阜県岐阜市長良福光2695-2
大会テーマ 「いのち」を育み,支える歯科医療
大会内容
  1. 特別講演Ⅰ「今,求められている医療的ケアとは?(仮)」
    野田聖子先生(衆議院議員,前総務大臣)
  2. 特別講演Ⅱ「障がい児者医療に関する人材育成の取り組み(仮)」
    西村悟子先生(岐阜大学大学院医学系研究科障がい児者医療学寄附講座特任准教授)
  3. 教育講演Ⅰ「いのちの理由~コウノドリの現場から~」
    寺澤大祐先生(国立病院機構長良医療センター新生児科医師)
  4. 教育講演Ⅱ「精神障害者の生活とコミュニケーションのコツ(仮)」
    白井潤一郎先生(清仁会のぞみの丘ホスピタル地域生活支援センターひびき,精神保健福祉士)
  5. シンポジウムⅠ「小児在宅医療における歯科の役割を考える(仮)」
    コーディネーター:三浦清邦先生(豊田こども発達センター長)
    田村文誉先生(日本歯科大学口腔リハビリテーション
    多摩クリニック教授)
  6. シンポジウムⅡ「地域包括ケアシステムにおける障害者歯科医療を考える(仮)」
    コーディネーター:平塚正雄先生(福岡リハビリテーション病院歯科)
  7. シンポジウムⅡ「終末期医療における歯科の関わり(仮)」
    コーディネーター:藤井 航先生(九州歯科大学歯学部口腔保健学科
    地域・多職種連携教育ユニット教授)
  8. 市民公開講座「上手に食べるために(仮)」
    田村文誉先生(日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック教授)
  9. 教育講座4題(学会指定)
  10. 一般演題(口頭・ポスター)
  11. 宿題委託研究報告
  12. 認定歯科衛生士研修会
  13. 学会委員会主催企画集会
  14. ランチョンセミナー
連絡先

第36回日本障害者歯科学会総会および学術大会運営事務局
〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-38-2 オーキッドビル8F
株式会社インターグループ名古屋支社 内
TEL:052-581-3241 FAX:052-581-5585
E-mail:jsdh36@intergroup.co.jp

演題申し込みと抄録の提出

演題の申し込みと抄録の提出は同時に行います.確定した演題名,所属,演者と抄録を,同時に期日までにオンライン登録で行ってください.また,筆頭の演者名,演者の所属名,演題名の英文登録も必要となります.提出された抄録はプログラム委員会で採否のチェックを行います.特に臨床研究倫理面の配慮に注意してください.

今回の学術大会より抄録集が日本歯科医学会にて公開されることになりました.そのために,症例報告については発表される所属機関にて必ず書面による同意を得てください.なお,同意書については学術大会事務局に提出する必要はありません.詳細は大会ホームページ(http://jsdh36.umin.jp)でご確認をお願いいたします.

○オンライン登録の方法

  1. 大会ホームページ(http://jsdh36.umin.jp)の「演題募集」からお申し込みください.
  2. 発表形式,発表者氏名,所属機関,連絡先,共同発表者,カテゴリー,演題名,および内容抄録原稿を指示に従って入力してください.仕上がりの確認はできませんので,ご注意ください.
    なお,抄録原稿は日本障害者歯科学会雑誌「障害者歯科」第40巻3号として発行されますので,原則として目的・方法・結果・考察・結論・文献などの記載が必須になります.過去の抄録集や学会誌を参考にしてください.
  3. 受付期間は,2019年3月26日(火)~6月18日(火)です.締め切りが過ぎますと演題登録画面は使用できなくなります.締め切り直前は大変混み合いますので,なるべくお早めにお申し込みください.
  4. 演題登録を行いますと,登録番号が自動発行されますので,必ず各自で記録しておいてください.演題申し込み期間中は,発表形式,発表者氏名,所属機関,連絡先,共同発表者,カテゴリー,演題名,および内容抄録原稿などの変更が可能ですが,この登録番号とパスワードが必要になります.パスワードに関するお問い合わせ,再発行には応じられませんので,予めご承知おきください.
  5. 演題登録に関するお問い合わせ先
    第36回日本障害者歯科学会総会および学術大会運営事務局
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-38-2 オーキッドビル8F
    株式会社インターグループ名古屋支社 内
    TEL:052-581-3241 FAX:052-581-5585
    E-mail:jsdh36@intergroup.co.jp

演題の採択

演題の発表日時・採択につきましては,日本障害者歯科学会プログラム委員会および大会長にご一任ください.演題申し込み時の発表形式ならびに演題分類に関しては,ご希望に添えない場合もありますので,ご了承ください.

演題の採否は2019年7月下旬以降に,大会ホームページに提示いたします.

演題発表者ならびに共同発表者は原則として本学会会員(2019年度会費納入者)でなければなりません.未入会の方は至急ご入会ください.入会手続きは本学会事務局にご連絡ください.

一般社団法人日本障害者歯科学会学術大会優秀発表賞の選考

詳細は,学会誌または大会ホームページ(http://jsdh36.umin.jp)をご覧ください.
なお,本賞の申し込みは演題登録と同時に行います.

一般社団法人日本障害者歯科学会プロフィラックス賞の選考

詳細は,学会誌または大会ホームページ(http://jsdh36.umin.jp)をご覧ください.
なお,本賞の申し込みは演題登録と同時に行います.

大会参加費

事前登録制としますのでご協力をお願いいたします.
大会ホームページ(http://jsdh36.umin.jp)よりお申し込みください.
事前登録期間:4月9日(火)~10月4日(金)
事前参加費:歯科医師・医師 11,000円  歯科衛生士・その他 8,000円
当日参加費:歯科医師・医師 13,000円  歯科衛生士・その他 10,000円

認定医研修会

日時:2019年11月22日(金)17:00~19:00(予定)
場所:じゅうろくプラザ
  内容ならびに申し込み方法等につきましては,本ホームページに掲載いたします.
なお,当会場はJR岐阜駅に隣接しており,学術大会会場とは異なりますので,ご注意ください.

懇親会

日時:2019年11月23日(土)18:00~20:00(予定)
場所:岐阜都ホテル(長良川国際会場に隣接しています.)
会費:7,000円
大会ホームページより大会参加登録と同時に懇親会の参加申し込みができます.

託児室

11月23日・24日に長良川国際会議場内に託児所を開設いたします.
事前申し込みが必要になります.